運動もせずにいたら便秘になってしまいました

高校時代は運動部に入っており、便秘などと言ったことはありませんでした。なので気にもせず過ごしていましたが、社会人になってからは忙しくなり運動などしている時間はありませんでした。次第に体重も増え、気が付くと3日ぐらいは出ないことがだんだん増えていきました。因みに男性で当時20代半ば、便秘とはあまり関係が無いと思われがちですが、仕事柄椅子に座っていることが多く、食事も不規則でしたので便秘になる頻度が増えたようです。便通も週に2~3回程度になり、ガスが溜まるようになり腹が張っていつも苦痛でした、しかも便秘ですのでガスが出ると臭いのですが、周りを気にしながらちょくちょく出していました。暫くそのような状態が続いたのですが、ある時遂に悲劇が。数日出ていなかったので排便の際にいきむと、その拍子におしりが切れてしまいました。それからと言うもの度々切れてパンツに血が付くように、しかも半端なくイタイ!さすがにマズイと思い医者に行くと”運動もしていなければそうなるよ”との話をされ、運動するように。ジョギングやストレッチなどいろいろ試して一番効果があったのが以外にもウォーキングでした。歩幅を広くし腕をきちんと振ることで腰が自然に捻られた結果、腸に作用するようで蠕動運動が活発になるようです。同時に水も多めに取るようになってからは便秘とはおさらばに、痔も良くなり今ではほぼ毎日便通が。きちんとした運動でなくても便秘は改善できるようです。

とにかくひたすら腰回し!

女性を悩ませる頑固な便秘。 私もその悩みをもつ一人でした。 調子がいいときは3、4日に1度のお通じ。 調子が悪いときは1週間お通じがなしなんてざらで、よくおなかが張って苦しい思いをしていました。 食物繊維がいいと聞き、根菜や寒天をひたすら食べたり、ビフィズス菌がいいと聞き、ヨーグルトを食べたり。白湯を飲んだり、つぼを押したりもしてみましたが、どれもこれも気休め程度にしかなりませんでした。 母も祖母も昔から頑固な便秘に悩んでいたので、これは遺伝なんだ、一生付き合っていかないといけないんだと半ばあきらめていました。 そんなとき、テレビでやっていた腰回しダイエットに興味を持ちました。 便秘解消のためでなく、ただウエストを絞りたいために腰回しを実践していたのですが、いつの間にかお通じの感覚が短くなっていて…。 どうやら腰回しをしているうちに、腸の動きが活発になっていたようです。 私の場合、とにかく空いた時間に腰回し、気付いたら腰回し、と1日に何度も腰回しをしていました。 最終的には毎日お通じがくるようになりました。ウエストもすっきりするので、悩んでいる方は騙されたと思って、1度腰回しをしてみてください。 ゆっくり右に回し、左に回しと繰り返すだけで大丈夫です。 おすすめです!

運動不足解消で便秘も解消!

私はこれまで酷い便秘に悩まされていました。 酷い時には1週間ほどお通じが来ないなんて時もあり、常にお腹はパンパンで苦しかったです。 色々な便秘解消になる食べ物を選んで食べてみましたがあまり効果は感じられず困っていました。 学生時代はこんな事なかったのにどうしてだろうと考えてみると仕事柄、運動をほとんどしなくなったせいだと思うようになりました。 そこで便秘に効果的な運動を毎日少しだけ取り入れてみることに。 特に大事なのは腹筋だそうです。 腹筋が弱いと腸内の動きまで弱まってしまったり、副交感神経が鈍くなり便のサインがきちんと届かなくなってしまうんだとか! そこで腹筋を毎日少しずつ取り入れて腸内の動きを活発にしていくよう頑張りました。 上体起こしだけでなく仰向けになり頭を少し上げて足をぐるぐる回す腹筋だったり、ねじれ運動も取り入れて腸内を刺激してみたり… 3週間ほど続けた結果、まだ便秘ぎみではありますが2、3日のペースでお通じがやって来るようになりました。 運動不足で便秘も解消!していく実感が湧いたのでこれからも続けていこうと思います!

トランポリンで跳ねるだけの方法

私はひどい便秘というほどではないのですが、週に数回便秘になることがありました。特に冬になり運動する機会がないことで便秘になりやすいのかもしれないと感じていました。 そこで冬でも室内でできる運動をしようと色々と調べた結果トランポリンが浮上してきました。トランポリンは跳ねるだけの簡単な運動です。しかし跳ねることで腸が動かされるので便秘にいいかもと自己判断ですが何となくそう思いました。 そこで通販でトランポリンを数千円で購入して早速試して見ました。 久しぶりにトランポリンをやってみるととても楽しくて一日3回くらい回数を決めて行うようになりました。 トランポリンでの運動を1週間くらい行ったあたりから効果が出てきたように思います。やはり腸を動かすことが良かったのか毎日のように出るようになり便秘解消につながりました。やはり食事面も重要ですが、運動もプラスして行うことがとても重要なんだなと気づかされました。トランポリンは本当に簡単な運動なのでぜひ毎日続けていきたいと思いました。

毎朝のウォーキングで便秘解消しました

私は数年前からうつ病になってしまい、毎日寝込んで生活していました。 一週間全く外に出ることがないことも珍しくない生活でした。 全く体を動かさなくなってから、それまでは毎日快調だったお腹が便秘をするようになってしまっていて、その便秘の症状で胃がムカムカして吐き気をもよおしてしまいなんとも言えない不快な体調が嫌でなんとか便秘を解消したいと思い、朝から散歩をしてみることにしました。 体力がなくなっていたので、走ることは無理だったので、近くの公園に行きウォーキングを日課にして毎日一万歩を目標に頑張って歩いていたら、運動を始めて三日目くらいにはウォーキング途中にトイレに行きたくなるほどの効果が出てとてもびっくりしました。 歩くことで腸に刺激が行き、蠕動運動が促されてトイレに行きたくなったんだと思います。 あまりに効果がてき面だったので、ウォーキングを始めて半年たった今でも晴れの日には欠かさず歩くようにしています。 便秘が解消したおかげで、胃の不快感もなくなってとても嬉しいです。

赤ちゃんをあやしながらの運動

出産後に便秘に悩まされた時の話です。 授乳やオムツ替えに時間を取られ今トイレに行きたいと思ってもなかなか行けないまま便意が消えてしまうことが何度もあり、それを繰り返しているうちに慢性的な便秘体質になってしまった頃がありました。 おなかが張って痛くなることも多く悩んでいたのですが、新生児がいると気軽に外出もできず室内でのちょっとした動きに限られてしまいます。 当時我が子も赤ちゃんながら便秘に苦しむ日もあり、赤ちゃんの便秘解消にいいと言われている足こぎ体操をさせたりしていました。 ある日そんな我が子を見ているうちにこれは自分にも使えるのではないかと思いつきました。赤ちゃんに効果があるなら大人でも何らかの変化があるのではと思ったのです。 赤ちゃんを持ち上げて高い高いの状態でもできますし、お座りできるようになってからは胸に乗せて体操することもできました。あやしながら行うことで「体操しなければ」という義務感に追われることなく楽しく実践でき、体操をした日は便秘が改善される実感があり効果があったと思っています。

毎日のウォーキングで効果を実感

私は社会人になってからはデスクワークがほとんどで、運動する習慣がなくなってしまいました。 学生時代は運動部だったこともあり、便秘になることはほとんどありませんでした。 運動習慣がなくなってしまし、運動不足と仕事のストレス、またオフィスのエアコンによる冷えなどが原因で、お腹の調子が悪いことが多くなってしまいました。 便秘気味の時は仕事中にトイレに行きたくなることもあり、かなり困りました。 そこで、この症状を改善しようと思い、意識して運動を行うようにしました。 具体的には毎日ウォーキングをしました。 とにかく足を動かすことで、お腹に適度な刺激を与えられると思いました。 毎日1万歩を目標にしましたが、時間がない時は数千歩で止めることもありました。 それでも、いつのまにか便秘が改善されていて、便通も安定してきました。 今では外出先で、突然の腹痛に悩まされることはほとんどなくなりました。 そのおかげでレジャーなども、思う存分楽しめるようになりました。

ヨガで便通を改善する

便秘が長期間続くと、肉体的にも精神的にも辛くなってきますよね。あの怠重い感覚は、人間のやる気や集中力をこれでもかと阻害し、何をやるにも億劫になってしまいます。ですから、便秘が続くようであれば、早めに対策に乗り出さなければなりません。 そこで、ぜひともお勧めしたいのが、ヨガです。私は、これまでに何度も便秘に陥った事がありましたが、ヨガを始めるようになってからは、ほとんど悩まされなくなりました。 ヨガを実践したことで、体の歪みが解消し、同時に腸内環境も良くなったんだと思います。聞くところによると、便秘の要因の一つに「腸ねじれ」というのがあるそうで、この症状に陥ってしまうと、スムーズな排泄が出来ないのだとか。ヨガは、腸ねじれのような、体の内側の歪みにも効果が期待できるわけなんですねえ。 腸内環境というのは、便秘のほかにも免疫や自律神経なんかにも密接な繋がりがあります。なので、ヨガを日常的に実践するのは大変有意義な事だと思われます。

太った原因が便秘?解消におなかくねくね運動

私は、現在40歳にさしかかろうかと言う年齢の男性、一般会社員です。 10年以上前に結婚して太り、子供が生まれてから更に太りと2段階で太り、高校、大学時代に履いていたズボンが入らなくなったのです。 別に今まで体型を気にしたことはありませんでしたが、さすがに、子供と嫁におなかがすごいと指摘されたため、何とかしなければと考えたのですが、そのときふと気付いたのが便秘気味でおなかが張っていると言うことです。 以前は、1日に1回は必ず出ていたのですが、ここ数年は多くても1週間に3回ほどで、腸の動きが落ちてきたのではないかと思いました。 そこで、腸の動きを活発化させることで、便秘が解消されおなかも引っ込むのではないかと考え、腸を動かすことを意識しながら、おなかをくねくねと動かしながら歩くようにしたのです。 3週間ほど何も変化はありませんでしたが、その後段々と便通が良くなり、今では1日に1回に戻ったのです。 すると、張っていたおなかも少しずつ引っ込み始め、大学時代にまでは戻りませんが、最高値から3cmほど元に戻っています。 これからも引続き腸を動かすことを意識して、歩き続けて便秘にならないように、おなか周りを最高値から5cm戻すことを目標に頑張ります。

ダイエット後のリバウンド対策にしたジョギングで便秘改善

私は便秘しにくい体質だったんですが、ダイエットをしてから便秘がちになりました。 以前は毎朝出てたのに、ダイエットをするようになってから数日に一回に減りました。 ダイエットを終えてからもリバウンドが怖いので食事量は少なめにしてたんですが、そのせいで便秘も続きました。 一日おきに出るならいいんですけど、三日出ない日が続くと便が硬くなって出にくくなってしまうんです。 出すために10分以上トイレに篭ったりと大変でした。 食事量を戻すと体重はすぐ増えてしまいます。 そこでリバウンド対策にジョギングを始めたんですが、これが便秘に効果ありました。 ジョギングは出勤前です。 私は大体7時過ぎに起きて7時半出勤という生活サイクルでした。 これを6時起きにし、起きてすぐにお風呂をセットします。 ちょうど良い湯加減になるまで大体30分あるので、その間にジョギングをしました。 まあ、少しぐらい時間オーバーしてもお風呂は冷めませんし、時間的には30分~1時間以内に戻ってくればOKです。 ペース的には大体時速8~10kmぐらいなので、特別早いってわけではありまえん。 歩く早さの倍ぐらいです。 で、近所にある定番のジョギングコースまで片道1.5km(往復3km)とジョギングコース一周(2km)の計5kmを30分ちょいで回ってました。 早く起きたり、休日で時間に余裕ある時はジョギングコースの周回を増やして調整です。 ジョギングすると体温上昇しますし腸内を活発にする働きもあるんでしょうね。 大体ジョギングの帰り道にはトイレに行きたい衝動にかられてました。 帰宅後すぐにトイレをし、その後入浴してサッパリしてから出勤するという生活スタイルにかわりました。 ジョギングのおかげで規則正しい生活を守れつつ便秘も改善しましたし、運動してるからか食事をダイエット前の量に戻しても体重は増えないと良いこと尽くめになりました。