毎日のウォーキングが腸の動きを活発にする

私は学生時代から便秘でした。 お腹を壊すことは少なかったのですが、 逆に出ない事が続いてしまい、吐き気まで感じる事があり、 病院で診てもらう事もあったほどです。 便秘のせいで肌はボロボロ、 便秘の悩みに肌荒れが更に追い打ちをかけるのでした。 そんな頑固な便秘は一生続くと思っていました。 しかし、意外なところで治ったのです。 それはウォーキングです。 就職先の会社が駅から30分近くあったのですが、 バスが少ない事もあり、みんな歩いて会社に向かっていました。 私も同様に毎日歩いて往復していました。 そのウォーキングが便秘に効果があったのです。 最初の頃は本当に困ったのですが、 歩いて会社まで着くと必ずトイレに行きたくなってしまうのです。 緊張なのかなとも思ったのですが、とても健康的なものでした。 普段は出ないのに、なぜ、こんな時にとも思っていました。 恐らく、歩く事で腸の働きが活発になって便通が促されるようです。 ちょっと恥ずかしいとは思いながらも、 会社で毎朝トイレに行くような日々が続きました。 その後、しばらくするとリズムが整ったのか、 きちんと自宅で毎朝出るようになりました。 ウォーキングは腸のぜんどう運動が促されるようです。 その結果、自然に便通が良くなっていくようです。 ウォーキングはお金もかからないので、おすすめです。 便秘に悩んでいる人は試してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です