ウォーキングを日課にしてお腹スッキリ

便秘がちでお腹がにガスがたまり、お腹が張って苦しいです。何日も出ないと吐き気がしたり、食欲が落ちることもあります。

食欲が落ちて食べられないと食物繊維摂取量が減って、ますます便秘がひどくなります。

便秘の症状は不快だし、このままではいけないと思って、便秘解消のために運動と水分を積極的にとることををはじめました。

なぜ運動を選んだのかというと、テレビの便秘解消特集でウォーキングを日課にしている人のことが紹介されていたからです。

そして、水分が足りていないときに食物線維をとっても便が硬くなってしまうということもテレビで紹介されていたからです。

ウォーキングをすると腸が刺激されて、腸の動きがよくなるそうです。
また、ウォーキングは全身運動なので、腹筋を鍛えることもできて出す力が高まります。

ランニングのような激しい運動は私には向かないけれど、ウォーキングなら無理なく毎日続けられます。

私は毎日30分を目安に歩いていますがウォーキングの前には必ずお茶を飲んでいます。

母に進められた便秘に良く効くお茶だということですが、歩いた後はお腹の動きがよくなるようで、たまっていたガスがたくさん出ることがあります。

運動の後に便が出ることはないけれど、ガスが出るだけでもスッキリします。

便秘が解消したのは、運動を続けて1か月くらいしてからです。筋肉がついたり、腸の動きがよくなるには、続けることが大切なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です