歩くことと腹筋強化で便秘を解消した経験

便秘を解消するための運動としては、軽く汗をかく程度に身体を動かすというのと、腹筋を鍛えることが大切になります。 私が実践したのは20分以上のウォーキングです。聞いた話によると、神経をリラックスさせるセロトニンという物質が分泌されて、便意を促す効果があるのだそうです。ウォーキング以外でもまめに歩くようにしていました。階段を1階や2階分であれば使うようにして、腹筋に影響を与えるように心掛けていました。つま先だけで歩くようにしても腹筋を鍛える効果があるというので、家の中ではそうしていました。 基本となる腹筋運動も行いました。普段思い描いている、立膝になって頭をそこにくっつけるようにする運動ができない場合でも、おへそを覗き込むようにするだけでもかなり影響があると言います。 他にも、うつ伏せに寝て、顔を手の上に置き、この姿勢でバタ足をする運動があります。これだと、腹筋と共におしりの筋肉を鍛えることになって、心地よく排泄できる効果を生み出せると言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です