ウォーキングと一緒の水分補給で便秘解消!

30代後半の女性です。元々少し便秘がちだったのですが、30歳を越えたころからやたらにお通じの間隔がひらくようになってしまいました。 宿便がたまりまくっていたようで、下半身があからさまにポコッと出てしまいました。それに加えてガスの膨張感やお腹の痛みも頻繁にあり、辛い日々を過ごしていました。 運動不足が原因だろうと思い、一生懸命早朝のウォーキングに励んだのですが、ほとんど効果はみられず、むしろプラスの筋肉痛やさらなるお腹のひきつる痛みに悩まされました。 ある時、このことを友人に打ち明けると、「運動不足もそうだけど、体の中が水不足なんじゃない?そんな状態で運動しても、脱水状態がひどくなってお腹が痛くなるのも当たり前だよ。」と言われました。 なるほどそうかも、と思い今度は運動の前後に500mlほどの水分を補給しながら毎日30分ほどウォーキング。その他の生活シーンでも、こまめに水を飲むように気を付けると、しだいにお通じの間隔が狭くなっていき、ようやく便秘の辛い症状が和らいできました。 運動も大切なのですが、一緒に水分補給をしないといけないということは知らなかったので、友人にはとてもよいアドバイスをもらったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です